遮音性能・音の響き

遮音の構造

完全浮き構造の防音工事

完全浮き構造で高い遮音性能を実現いたします

play toneの防音工事は音と振動を建物の躯体に伝えない浮き構造を採用して高い遮音性能を実現いたします。
音には空気を伝わる「空気伝播音」と床や壁を伝わる「固体伝播音」があります。ピアノ等の楽器の防音はこの両方を遮断しなくてはなりません。このためには浮き構造の遮音層による防音工事が必要となります。


遮音性能

play toneの防音工事はD-65以上 「通常では聞こえない」レベルの遮音性能を実現いたします

たとえば、ピアノの音はどれくらいの大きさでしょう?

測定すると90dB以上あります。これは地下鉄車内の騒音と同じレベルになります。
play toneの防音工事はD‐65以上の遮音性能でマンションの上下階やお隣の家の中においては「通常聞こえない」レベルとすることができます。

マンションの場合(床コンクリート200mm、壁コンクリート180mmの場合)

100dB(A)のピアノ音がplay toneの防音工事により、マンションの上下階やお隣のお部屋に「通常聞こえない」レベルまで遮音

木造住宅の場合 (建物外壁がD-30程度の場合)

100dB(A)のピアノ音がplay toneの防音工事により、お隣のお宅に「通常聞こえない」レベルまで遮音

色々な楽器の音の大きさ

ブァイオリンは新幹線車内、ピアノは地下鉄車内、サックスはクラクション、ドラムスはジェット機と同等の音の大きさです

遮音等級と生活実感との対応例

play toneの防音工事はD-65以上(通常では聞こえないレベル)の遮音性能です。

室内の響き

心地よい室内の響き

適切な音の吸収・拡散を行うことにより心地よい室内の響きをご提供いたします

音を心地よく楽しむためには、室内の音の響きを整えなくてはなりません。防音工事を行うと今まで漏れていた音が壁に跳ね返されて部屋の中で悪い反射をおこします。この悪い反射音や低音のこもりは楽器の演奏に悪影響を及ぼします。
play toneでは壁や天井で適切な音の吸収・拡散を行うことにより心地よい室内の響きをご提供いたします。


  • お問い合わせ:inquiry 03-6234-4544 > CLICK!
  • 住宅・マンション設計、販売会社の皆様へ > CLICK!
フルオーダーシステムで作るインテリアにもこだわった防音室
piano スタインウェイの部屋
piano 生徒が集まる部屋

赤坂通信 防音工事のヒントから日常の出来事まで > CLICK!