赤坂通信 防音工事のヒントから日常の出来事まで

おすそわけ。

2010年09月28日

季節の変わり目は雲がきれいです。これからの時期は紅葉とか自然が美しくなりますね。

空
徳島出身の知人から「すだち」をたくさんもらいました。この季節ですから、さんまに大根おろしとすだちでいきたいところですが、とりあえず、ポン酢にすだちを沢山絞って、せいろ蒸しした豚肉、しいたけ、白菜などにつけて食べてみました。美味しいです!
焼酎に入れてもおいしいらしいのですが、氷水に絞っただけでも、スッとしたさわやかな香りがして良しでした。
さてさて、今夜はさんまにしましょうかね。


時刻 18:06  | 全般  | 記事URL

とりあえず少しでも

2010年09月25日

これまで部分的な防音のご相談をいただいたても、丁重にお断りをしてきました。
防音工事の場合、たとえば床だけ、壁だけを対策したとしても効果が弱く、
1.工事後の遮音性能予想を数値化しにくい。
2.お客様の持っている遮音感覚と完成後の遮音性能にギャップができる可能性がある。
3.コストパフォーマンスが低くなるケースが多い。
などが理由です。

ですが・・・
とりあえず2重サッシ(内窓)を取付けて効果をみたいとか、隣の部屋の音が気になるので既存の扉を防音ドアに変更したいなどのご相談が多くあることから、「とりあえず少しでも」というプランを企画しました。

さっそく先日、ピアノの部屋とリビングの間の引き戸を防音ドアに変更するという工事を行いました。

工事前の扉はこんな感じの引き戸です。遮音測定ではD-15とほとんど筒抜けの状態です。
引き戸.JPG

既存の枠をうまく加工して防音ドアを取付ました。
防音ドア1.JPG

これはリビング側から見た写真です。
防音ドアの色やデザインも違和感なく、遮音測定ではD-30と予想以上の効果にお客様にも大変喜んでいただきました。

今は全体の防音工事はできないけれど、「とりあえず少しでも」とお考えの方がいらっしゃいましたら、
お気軽にご相談ください。

気候と住環境

2010年09月08日

今日は久しぶりの雨ですが、強烈に降りましたね。
赤坂見附は一時、洪水寸前になりました。

異常な暑さだったり異常な降雨量だったり、
極端に振れすぎる最近の気候です。
10年後、日本に住んでいられるのか疑問になります。

そんな異常気象の中、マンション12階でヴァイオリンのお部屋を作っています。
風




















このお宅の素晴らしいところは、風通しの良さです!リビングルーム1面の広い窓から玄関に向けて気持ちの良い風が抜けていきます。
最近の気候を考えると、この風通しの良さだけでも1つの財産になるのではないでしょうか。

時刻 18:15  | 記事URL

緑化?

2010年08月23日

本日、茗荷谷駅付近で。
緑化
ヒートアイランド対策のために建物の緑化が話題になっているけれど、
たぶんそれとは無関係かと。

なにか霊気さえ感じるの私だけでしょうか。

時刻 18:17  | 全般  | 記事URL

ピアノ室

2010年07月29日

新築1戸建のピアノ室工事が始まりました。
建物側の工事との絡みで、なかなかスタートできなかったのですが、
お盆前には完成できそうです。
床下地.JPG









今回はピアノ室の床(防振浮床)を廊下と同じ高さにしたいというご希望なので、まずは床の下地作りからスタートです。
一般床の倍の大引きと鋼製束で250kg/㎡に耐えられる強固な床を作ります。
いよいよ明日から浮遮音層の工事がはじまります!

ドラム室

2010年07月20日

P1020202.JPG















数年前、私がまだ独立する前に作ったドラム室です。

なんと、マンションの中に作りました!
今回は電気関係の補修に行ってきました。

当時、お客様のご要望はドラムとアップライトピアノの練習をしたいというものでした。
一般的には、マンション内のドラム室は固体伝播音を止めるのが難しいため実現が困難です。
この部屋は1階角部屋という有利な環境であったため、大規模な解体を行って、
床スラブからコンクリートブロックを積み上げモルタルを充填した間仕切り壁を作り、浮床もコンクリートを打って、スタジオと変わらない遮音性能を持たせることができました。

先月までスウェーデンのドラマーの方がこの部屋でドラムのレッスンを行っていました。
プロのドラマーが本気で叩いてもまったく問題ないほどの性能です。
(この方は現在、自力!でドラム室を作るという、ものすごく大変な事にチャレンジ中です。私も陰ながら協力しているので、そのうちここでご紹介したいと思います。)






時刻 16:36  | 施工例, 防音工事のヒント  | 記事URL

騒音?

2010年06月24日

truck.JPG















こういうトラックを渋谷の街でよく見かけますよね。スピーカーから爆音を流しながら走っています。
このEXILEトラックはうるさくなかったけど、マンガ喫茶の宣伝トラックなんかは安っぽい電子音で気持ち悪くなりました。

sibuya 002.jpg















こんなのも交差点の角ごとに大きな音を出してるし、もう少し規制したほうが良くないですか?
それとも、うるさすぎると感じるのは年をとった証拠かな?

sibuya 003.jpg










でも亀井静香先生、一番うるさかったですけどね・・・

時刻 17:32  | 記事URL

マニュアル

2010年06月16日

100614_1123~01.jpg


茅場町のPRONTのトイレに貼ってあったチェックシート。
①便器・便座に汚れはないか
    ※汚れはトイレシートで拭き取る

ちょっと前なら、「便器・便座に汚れはないか」で終わってたと思うんです。
「汚れはトイレシートで拭き取る」っていうのが今っぽいなぁ・・・と。
もしかして、ここまで書かないと「汚れてるけど、どうするんですか?」と聞いてくるアルバイトがいるのかも。

⑦ゴミ箱・汚物入れは一杯ではないか
   ※必要時はゴミ捨てを実施する
「必要時って、どんな時ですか?」って聞く人がいないか心配になっちゃいます。

⑨悪臭はないか
  ※芳香剤を確認
芳香剤?悪臭の原因を探さないといけないんじゃない?

時刻 14:31  | 記事URL

新築工事

2010年06月11日

今月末から工事が始まるお客様の現場打合せに行ってきました。
建物側の監督さんと大工さんとの打合せです。
基本的なスタンスとしては、新築工事の中に我々が御邪魔することになるので、
ご迷惑をお掛けしないように細かい相談をさせていただきました。

新築の場合は出来るだけ早い時期から、防音工事の打合せも行ったほうが、
遮音性能はもちろん、お部屋の使い具合も格段に良くなります。
もちろん費用の低減にもなりますので、建物の設計段階からご相談をいただくことをお勧めいたします。

躯体 003.jpg















お隣の家との距離も近く、グランドピアノを弾かれますから防音工事が必要ですね。


電車の中

2010年05月27日

私は仕事中ほとんど電車を使います。
電車の中って色々な出来事がありますよね。
よく携帯電話の車内使用について議論がありますが,
先日、なるほど!という記事がありました。

アメリカのコーネル大学の研究発表で、
「他人の携帯電話の話し声が気に障るのは、会話の半分しか聞こえないことが理由であることが明らかになった。」
ということです。残りの半分が分からないからイライラしちゃうっていうことですね。
この話は内容もさることながら、電車内の携帯電話ってアメリカ人も気に障るんだなってことも興味深いものでした。だってアメリカ行くと普通に車内で話してますよね。
ちなみに私の考えは、電話って1対1のきわめて個人的なものですよね。
それを電車という公の中に持ち込むのは恥ずかしいことだなと思います。

先週の金曜日夜7時ごろ、渋谷駅に到着寸前の半蔵門線内で、
「今日も営団地下鉄をご利用いただきありがとうございます。皆様良い週末をお過ごしください。」というアナウンスが流れました。「皆様良い週末を~」は車掌さんのアドリブだったのでしょうが、明るい話し方と金曜夜の解放感が微妙にはまり、車内のあちこちで微笑みが巻き起こりました。近くにいた2人組のOLは「私も来週の金曜の帰り際に言ってみよう!」と話すほどでした。
どちらかと言うと殺伐とした感のある通勤電車ですが、ちょっとしたことでストレスが無くなるものだなぁと感じた出来ごとでした。

それでは、皆様良い週末をお過ごしください!

時刻 17:10  | 記事URL

プロフィール

playtone株式会社 代表取締役 山田健

play tone株式会社
代表取締役 山田 健

  • 生年月日 : 1963年2月1日
  • 血液型  : A型
  • 出身地  : 東京
  • 好きな音楽家 :
    MICHEL PETRUCCIANI
  • 好きな作家 :
    ROBERT GODDARD

誰もが心地よく音と暮らせる環境作りを目指してがんばっていきます!

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年10月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

エントリー

アーカイブ