赤坂通信 防音工事のヒントから日常の出来事まで

憧れの湘南住まい・・・

2018年05月23日

海が見える湘南の1戸建てに住みたいな~、なんて思ったことがある方は多いんじゃないでしょうか?
私もその一人です。
実現はしそうもありませんが・・・(笑)

そんな湘南住まいを実現して、ヴァイオリンとピアノの練習室を作ったお客様をご紹介いたします。
CIMG3167.JPG
窓からは江の島や湘南の海が見渡せる小高い丘の上に建つ1戸建てです。
ご自身のヴァイオリンの演奏やお嬢様のピアノの練習のために、
近隣に迷惑にならない演奏室をご希望です。
隣家とは少し離れてはいるものの静かな地域で、基礎コンクリートが隣家と接している可能性もあり、きちんと浮き構造の防音工事を施工することになりました。

CIMG3257.JPG
CIMG3295.JPG
工事前の写真です。
約6.7畳の洋室で2面に窓があります。窓の先にはどちらも隣家があります。
お客様との打合せの結果、浮き構造の防音室として窓は2面とも残し、浮遮音壁に防音サッシを1セットづつ取り付けることといたしました。
演奏楽器や演奏時間によっては窓を埋めて壁にしてしまったり、防音サッシを2セット取り付けて合計3重サッシにするケースもありますが、今回は夜間の演奏はほとんどない、とのことでしたので1セットとなりました。
クローゼット部分は一度解体して遮音区画内として、新たに壁一面の楽譜棚を造作いたします。
IMG_6859.jpg
工事途中の写真を1枚。
建物本体と接しない床、天井、壁を作ってその空間にはきっちり吸音材を入れていきます。
そして石膏ボードを積層して浮き遮音層を完成させていきます。
IMG_6995.jpg
上の写真と同じ角度の完成後の写真です。
IMG_6992.jpg
完成間近のある朝、お部屋の入り口にこんな可愛いお手紙が貼ってありました。
「がんばってすてきなおへやをありがとう」
こちらこそ、こんな嬉しいお手紙を書いてくれてありがとう!!
DSC02595.JPG
お客様が子供のころから弾いていたピアノをご実家から運び入れて完成です。
2枚目の工事前の写真と比べても、防音工事を施した感じはほとんどない自然な仕上がりとなっています。
DSC02604.JPG
赤いチェアーは処分するつもりで置いてあったらしいのですが、色合いが良かったのでそのまま写真を撮りました(笑)
楽譜棚もいっぱいになって吸音効果も発揮しています。

環境の良い湘南でご家族の皆様が、より良い音楽ライフを楽しんでいただければ幸いです。


プロフィール

playtone株式会社 代表取締役 山田健

play tone株式会社
代表取締役 山田 健

  • 生年月日 : 1963年2月1日
  • 血液型  : A型
  • 出身地  : 東京
  • 好きな音楽家 :
    MICHEL PETRUCCIANI
  • 好きな作家 :
    ROBERT GODDARD

誰もが心地よく音と暮らせる環境作りを目指してがんばっていきます!

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年10月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

エントリー

アーカイブ