赤坂通信 防音工事のヒントから日常の出来事まで

変わるもの、変わらぬもの

2016年10月27日

やっとからっと爽やかな秋晴れがやってきました。
今回は防音工事のお話しから離れて、久しぶりにplaytoneのある赤坂見附界隈ネタで。

そもそも赤坂見附とは、江戸城への門であり見張り場所である「江戸城三十六見附」のひとつなわけで、今でも青山通り沿いに当時の石門の一部が残っています。
そんな100年以上前から変わらないものがあると思えば、
街のビルや飲食店や店舗はどんどん変わっていきます。
今年赤坂見附で一番の変化は、赤坂プリンスが解体されたあとに「ガーデンテラス紀尾井町」ができたことです。
IMG_5854.jpg
こんな外観ですね。
デザイン的には赤坂プリンスの方がインパクトがありました。
IMG_5870.jpg
エントランスはこんな感じです。

ネーミングの中から「赤坂」という文字が消えました。
「紀尾井町」の由来はご存じでしょうか?
「紀州家」「尾張家」「井伊家」のお屋敷があったことによって「紀尾井町」と名付けられたそうです。

ホテル、オフィス、マンション、店舗が入っていて、昼夜にぎわっているのですが、
庭にある「テラスの小路」というところに行ってみると面白いものが見られます。
IMG_5864.jpg
お堀の奥にある赤坂門の石垣です。
IMG_5866.jpg
石をよく見ると、記号が彫ってあります。
これはこの石垣を作った福岡藩主黒田家の家紋だそうです。
赤坂プリンスのころは近くで石垣を見ることができなかったのですが、
「テラスの小路」から肉眼でもはっきりと家紋が確認できました。

石垣の上はお堀や首都高速を見下ろせる「空の広場」という空間になっていて気持ち良しです。
IMG_5859.jpg
この広場でお弁当を食べる人多数です。

こちらも赤坂見附界隈の変わらぬ場所です。
IMG_5844.jpg
山王日枝神社の赤坂見附側にある「稲荷参道」です。
どちらかと言うと裏口なのでいつもはひっそりしてますが、
この時期は七五三のお参り後の撮影でにぎわいます。
最近はプロカメラマンを連れてお参りに来る家族が結構いるんですね。
びっくりです。

最後に変わったもの・・・
IMG_5840.jpg
ファーストキッチンがWendy'sと合体しました!
いったいメニューはどうなっているのでしょう?







時刻 13:58  | 赤坂  | 記事URL

プロフィール

playtone株式会社 代表取締役 山田健

play tone株式会社
代表取締役 山田 健

  • 生年月日 : 1963年2月1日
  • 血液型  : A型
  • 出身地  : 東京
  • 好きな音楽家 :
    MICHEL PETRUCCIANI
  • 好きな作家 :
    ROBERT GODDARD

誰もが心地よく音と暮らせる環境作りを目指してがんばっていきます!

カテゴリー

検索

カレンダー

2017年11月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

エントリー

アーカイブ