赤坂通信 防音工事のヒントから日常の出来事まで

梁型

2014年08月19日

前回のブログから2か月以上も更新をさぼってしまいました・・・
冷夏予想もすっかりハズレて猛暑の毎日、元気にお過ごしでしょうか?

さて、先日防音工事を行ったマンションのお部屋には梁がたくさんありました。
RIMG0005.JPG
ちょっと分かりにくい写真ですが二つのサッシの上が梁型になっていて梁の底にカーテンレールが付いています。右側のサッシはさらにその上にも梁型があって2段階の梁です。
ユニットタイプの防音室ですともちろんこの梁型の内側に入る小型のサイズしか入れられません。また、フリータイプと言われるタイプでも梁の数によって金額が大きく跳ね上がったりします。
弊社の防音工事は既存のお部屋を解体してから防音室を施工するのですが、たとえばこのお部屋の場合、サッシの上の梁型はカーテンレールのための梁型で、無くしてしまうことが可能でした。
(断熱目的の場合もあるので注意ですが。)
梁.JPG
完成後は右上に梁が一か所あるだけですのでお部屋の空間を無駄に狭くすることなく仕上がりました。エアコンが付いている部分が梁型だったところです。
なるべく広く、遮音は高く・・・ですね。


プロフィール

playtone株式会社 代表取締役 山田健

play tone株式会社
代表取締役 山田 健

  • 生年月日 : 1963年2月1日
  • 血液型  : A型
  • 出身地  : 東京
  • 好きな音楽家 :
    MICHEL PETRUCCIANI
  • 好きな作家 :
    ROBERT GODDARD

誰もが心地よく音と暮らせる環境作りを目指してがんばっていきます!

カテゴリー

検索

カレンダー

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

エントリー

アーカイブ