赤坂通信 防音工事のヒントから日常の出来事まで

サッシとガラス

2011年08月08日

お世話になった住宅エコポイント制度が7月31日で終了しました。
7月中は駆け込みの防音工事を何件もやらせていただきました。

7月最後のこちらのお部屋は、大サイズのサッシ1、中サイズ1、小サイズ2とたくさんのポイントを
取得して、そのポイントで防音ドアを取り付けることができました。
コピー ~ P1020950.JPG
内窓と言うと、トステムの「インプラス」やYKKの「プラマード」が一般的ですが、
これらの製品は使用できる硝子の厚さが最大6mmです。
この硝子の厚さですと、充分な遮音性能を得るためには内窓を2重にして、
躯体側のサッシを含めると3重サッシにする必要があります。

ところがplay toneの使う内窓は最大15mmまでの硝子を使用できるのです。
コピー ~ P1020916.JPG
弊社では上の写真のように防音フィルムを中間に挟み込んだ12mmの合せガラスを使うことで、
躯体側サッシ+内窓1重で充分な遮音性能を得ています。

エコポイントは終わってしまいましたが、
遮音、使い勝手、コスト、どれをとってもご満足いただけるものですから、
興味のある方はぜひご相談ください。




時刻 13:41  | 施工例, 防音工事のヒント  | 記事URL

プロフィール

playtone株式会社 代表取締役 山田健

play tone株式会社
代表取締役 山田 健

  • 生年月日 : 1963年2月1日
  • 血液型  : A型
  • 出身地  : 東京
  • 好きな音楽家 :
    MICHEL PETRUCCIANI
  • 好きな作家 :
    ROBERT GODDARD

誰もが心地よく音と暮らせる環境作りを目指してがんばっていきます!

カテゴリー

検索

カレンダー

2017年11月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

エントリー

アーカイブ