赤坂通信 防音工事のヒントから日常の出来事まで

2009年7月

自然と人間

2009年07月22日

日食、ご覧になりましたか?

私は赤坂の事務所にいましたが、空は厚い雲に覆われて見ることはできませんでした。
場所によっては東京でも、うっすらと欠けた太陽が見えたとか・・・

日頃、空を見ることはありますか?

私はけっこうと見るんです。
都会の空は本当に狭い空ですが、例えば多摩川の河原やレインボーブリッジから見る空はとても広くてきれいに見えます。

そう言えば先日、見事な虹がでましたよね。

今日の日食をきっかけに空を見上げる人が増えるといいなぁ、と思います。
パソコンの画面ばかり見ていると、心が荒れてきちゃいますよ・・・

最近、北海道の大雪山系で真冬並みの天候による遭難が相次いだり
岡山の竜巻、山口の大雨土砂崩れの被害などが続きました。
地球温暖化に関係するのでしょうか?

「自然破壊の影響」とか「地球が危ない」とか、よく言われます。
でも、たぶん地球は危なくないですよね。危ないのは人間。

シンプルに考えれば人間も自然の一部なのだから
人間が作るものも、人間の活動も自然の一部なんだと思います。

自然淘汰。
地球で生きづらくなった生物は絶滅していきます。

人間は地球で生きづらくならないようにしないといけません。

なんだか変な話になっちゃいました。日食のせいかな???

sora.jpg



























時刻 17:01  | 全般  | 記事URL

防音工事のヒント・GL工法

2009年07月07日

横浜のマンションでピアノ室を施工中です。

今年は横浜市の工事が多いんですが何故でしょうか?
横浜はピアノを弾く人が多いのかな?と思い調べてみると・・・
総務省の調査(社会・人口統計体系2008)によると神奈川の1000世帯あたりのピアノ所有台数は271台で全国27位でした。後ろから数えた方が早いですね(それでも27%の家にピアノがある!)。
1位はどこかと言うと・・・栃木県です!なんと354台。

来年はplay tone栃木支店を作ろうかな~(笑)
神奈川県はマンションが多い、新興住宅地が多く隣接している、などの住環境の問題が大きいのかもしれません。

話は戻って下の写真。現在工事中のお部屋を解体した壁の写真です。

GL工法.jpg壁に沢山付いている物体がGLボンドと言ってこの手前に石膏ボードなどを貼って壁を作ります。
この工法がGL工法と言うものです。比較的ローコストで施工も楽なことからマンションでは多く使われています。
・・・がしかし!このGL壁が上の階、下の階、お隣へ・・・音を伝えてしまうのです。
場合によっては通常の話し声さえ伝わることがあるんです。

そのためplay toneではGL壁はもちろん、天井や床も一度解体し遮音に悪影響を及ぼすものはすべて撤去してから工事を行います。このため高い遮音性能とともに部屋の広さ、天井の高さを確保できるのです。
防音パネルを組み立てるような簡単な工事ではありませんが高い遮音性能を持つ防音室には必要なこととなります。

スケルトン.jpg


  • 1

プロフィール

playtone株式会社 代表取締役 山田健

play tone株式会社
代表取締役 山田 健

  • 生年月日 : 1963年2月1日
  • 血液型  : A型
  • 出身地  : 東京
  • 好きな音楽家 :
    MICHEL PETRUCCIANI
  • 好きな作家 :
    ROBERT GODDARD

誰もが心地よく音と暮らせる環境作りを目指してがんばっていきます!

カテゴリー

検索

カレンダー

2018年10月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

エントリー

アーカイブ